teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


難しいですね。

 投稿者:高島千代子  投稿日:2013年 9月24日(火)16時14分10秒
  チベットには興味があっても言葉等が難しくってなかなか頭に入りません。
手塚さんはどうやっていつも勉強されていますか?
 
 

(無題)

 投稿者:あ~あメール  投稿日:2009年 9月29日(火)08時56分18秒
   

相互リンクのお願い

 投稿者:伊藤メール  投稿日:2009年 8月17日(月)12時37分56秒
  先日『チベット仏教の部屋』というサイトをオープンいたしました。
一度ご覧いただき、もしよろしければ相互リンクをお願いいたします。

http://www.uniodtp.com/tibetan%20buddhism.html
 

2008年5月18日(日)光明禅修センター合同修行のお知らせ

 投稿者:光明禅修センターメール  投稿日:2008年 5月 9日(金)20時49分53秒
  道友の方々へ:

5月18日はセルダ・ラルン・ガル・ゴンパ(色達喇栄五明佛学院)金剛薩埵大法会をやりますけど、何万人が合同修行を参加します、すごく大吉日です。

●修行会場:東京都
●修行時間:2008年5月18 日(日)12:00 ~18 :00
●修行内容:
・12:00 ~ 13:00 ポワ(伝承を受けた方のみ参加できます。)
・13:00 ~ 17:00 ラルン日課経典、極楽祈願文、金剛薩埵修法(マントラ・観想)。
・17:00 ~18:00 座禅瞑想(各自の伝承の瞑想修行、瞑想の伝承のない方は観想入りのマントラや、人間として生まれる稀有さ・死の無常・輪廻は苦・カルマの法則を瞑想する修行を行う)  普賢行願讃回向。

※人数を把握するため、参加希望の方は前もってメールでお申し込みください。
メール: tokyowssdl@gmail.com

※修行会場についてよい情報をお持ちの方はぜひお知らせ下さい。


光明禅修センター

http://www.wssdl.org

 

おすすめリンク

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 4月21日(月)17時31分12秒
  リンカ申し込み窓口
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~kotosan/linka/linka_odr.htm

(長田幸康さん)
I Love! Tibetホームページ
http://www.tibet.to/index.htm
チベット式
http://tibet.cocolog-nifty.com/

藤田祐子さん
うらるんたhttp://www.lung-ta.jp/
 

2008年3月16日(日)光明禅修センター合同修行のお知らせ

 投稿者:光明禅修センターメール  投稿日:2008年 3月 7日(金)13時50分50秒
  ●修行会場:東京・赤羽

地図: http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=en&msa=0&msid=106982729117167111812.000439784732465aee3dc&z=17&om=1

●修行時間:2008年 3月16 日(日)12:00 ~18 :00
●修行内容:
・12:00 ~ 13:00 ポワ(伝承を受けた方のみ参加できます。)
・13:00 ~ 16:30 ラルン日課経典、極楽祈願文、 パドマサンバヴァ( グルリンポチェ)修法(マントラ・観想)。
・16:30 ~ 17:00


1.金鋼ラマ・ガロン・ダンジュ・リンポチェ の電話による説法(未定)。

2.セルダ・ラルン・ガル・ゴンパ代理院長大ケンポ・ツチャンロジュ・リンポチェの電話による説法(未定)。

・17:00 ~18:00 瞑想(各自の伝承の瞑想修行、瞑想の伝承のない方は観想入りのマントラや、人間として生まれる稀有さ・死の無常・輪廻は苦・カルマの法則を瞑想する修行を行う)  普賢行願讃回向。

※人数を把握するため、参加希望の方は前もってメールでお申し込みください。
メール: tokyowssdl@gmail.com

※修行会場についてよい情報をお持ちの方はぜひお知らせ下さい。


光明禅修センター

http://www.wssdl.org

 

大ケンポ・ツチャンロジュ・リンポチェよりの電話開示

 投稿者:ゴンチュジャツォメール  投稿日:2008年 2月27日(水)17時12分4秒
  光明禅修センター2008年1月6日の合同修行活動において、セルダ・ラルン・ガル・ゴンパ代理院長大ケンポ・ツチャンロジュ・リンポチェよりの電話開示です。



   仏友の皆さん、こんにちは!今日はそんな遠いところまで皆さんに仏様の教えをお伝えできて、大変嬉しいです。



  誰にとっても、仏教の学習は一つの非常に重要なことです。これはなによりも大事なことだと言ってもよいぐらいです。なぜこう言うかというと、われわれのすべての人間は幸せを求めるという共通の目標を持っているが、その幸福を求める方法が間違っているので、本当な幸福が得られないからです。私たちは幸せを求める方法の間違いはどこにありますか?わたしたちは人間の幸せが物質生活から獲得できると思い込んで、全世界の人々がその方向に向かって努力しています。ですから、全世界の人々は本当な幸せを得られる人が一人もいません。



  では、われわれは幸せを求める正確な道は何でしょうか?わたしたちは解脱が必要です。解脱こそは本当の幸せです。解脱って何でしょうか?解脱とは私たち自身の悩みから抜け出て、離れて、本当な自由を獲得するということです。その自由はどうやって求めるでしょうか?まず、なぜわれわれは自由じゃない理由が分からなければなりません。自由じゃない根源は我々の心の中にあります。つまり、自分自身の一つの観念というものです。この観念、念頭は悩みと呼びます。悩みは種類が多いですが、わたしたちはその中からいくつの最も重い悩みを選ぶことができ、それらの致命的な悩みを認識、認定したうえで、断ち切ることが大事です。



  すべての悩みにおいて、最も致命的なのは三つあります。第一、貪欲心、第二、私心(利己意識)、第三、我執です。その三つの悩みがあるので、われわれは無始から今まで、ずっと幸せになれなく、自由にもなれません。よって、われわれはその悩みを断ち切る必要があります。まず、第一の悩みをどうやって断ち切りますか?出離の心を修めることは必要です。輪廻の苦しみはよくわからなけれならないです。そして、輪廻に対する貪欲心を断ち切り、その貪欲心は輪廻の根源で、その貪欲心さえあれば、われわれは永遠に輪廻から抜け出ることはできません。この悩みや執着を断ち切ることだけができれば、われわれは自由自在になれます。断ち切りの一番良い方法は「外加行」を修めることです。つまり、人間としてうまれ稀有さ、死の無常、輪廻の苦しみと因果応報の真実を修めることです。それらの修行によって、輪廻に対する貪欲心を断ち切れると同時に、出離の心も生み出せます。出離の心があってから、解脱の長い道に第一歩を歩み出しました。そこから、われわれは歩いている道は解脱の道となります。ですから、修行の第一スデップは出離心です。

  第二は私心(利己心)を断ち切ります。無始以来、われわれはこの利己の意識を強く持っていますので、衆生の幸せを全く配慮しません。ずっと自分がよい生活でき、すべて自分のことばっかりを考えます。他人のことは一切考えません。ですから、今までわれわれは何も有することができません。なぜ私たちは何も持っていませんか?それは自分のことを考えすぎて、すべての良いものを自分の手に入れたくて、すべての良くないものを他人のところに移したいと考えているからです。そのような癖があるので、われわれは今まで何も持っていません。つまり、われわれは他人の立場で考えていないので、何の幸せも得られないんです。この利己的な意識はすべての苦しみの根源で、大乗仏法が断ち切るもっとも重要な目標となります。よって、大乗仏教を修めたければ、必ずその利己の意識を断ち切らなければならないです。どうやってその利己な意識を断ち切りますか?菩提心はその唯一の退治方法です。菩提心って何でしょうか?簡単に言うと、今から、わたしたちは全ての良いものを他人と一緒に分かち合います。解脱も含めて、すべては衆生や他人のために考えます。自分は軽くて、他人は重い(他人のことは自分のことより大事です)。つまり、彼らを済度するために、自分も成就すると誓います。以上は第二番目の修行の方法となります。



  第三番目の修法は我執を断ち切ることです。我執って何でしょうか?我執とは、私たちは自分も含め、他人、環境などなどに対する執着です。例えば、われわれは夢を見る時、その夢境に執着します。夢の中でも苦しみが感じられます。もし私たちはこれは自分が夢を見ているとはっきり分かると、苦しみはなくなります。同様に、われわれの世界は幻の世界で、まるで夢境のようです。しかし、普段、われわれはこれは幻の世界だとはわかりません。私たちはこれは真実の世界だと思い込んでいます。ですから、さまざまな悩みや苦しみが実感されています。これは第三番目の執着と言います。これを断ち切らなければなりません、断ち切らないと根本的な問題を解決できません。どうやってその執着を断ち切りますか?空性を修めなければなりません。空性を修めるとその執着を徹底的に断ち切れます。



  以上三つの修める方法をまとめると、第一、出離の心、第二、菩提心、第三、空性となります。これは仏教のすべての粋です。これは解脱したい人の必ず通る道で、解脱を望むならその三つを修めなければなりません。しかし、具体的な修める方法は本を読む必要があります。例えば、出離の心なら、「クンサン・ラマの教え(普賢上師言教)」、もしくは「菩提道次第广論」等の本をお勧めします。菩提心を修めるなら、,「入菩薩行論」と「普賢上師言教」の内加行および「菩提道次第广論」の「大丈夫論」をお勧めします。空性を修めるなら、顕教の「中観」と密教の「大円満」(ゾクチエン)を読む必要です。それらの本にそれぞれの具体的な修める方法ガ書いてあります。



  最後、みんなは素晴らしい修行と悟りがあるように望んでおります!私たちは今日は簡単な開示をこれでお終わりします。もし個別の道友はご質問があったら、一言でも二言でも聞いてもよろしいですが、、、質問がありますか。



 はい、よし、よし、タシデレ!吉祥如意!今後、あなたたちはまたこんなチャンスがあったら、あなたたちは電話をかけてでも結構ですし、インターネットを通じてでもよろしいです。よし、では、さようなら!タシデレ!

光明禅修センター
www.wssdl.org

http://www.wssdl.org

 

光明禅修センター

 投稿者:ゴンチュジャツォメール  投稿日:2008年 2月27日(水)16時58分10秒
  日本の佛縁ある人々に、神秘的なチベット仏教の教えを紹介するため、チベットに住む活仏やリンポチェ、ならびに佛法を学ぶ法友の強力なご支持を頂いて、2007年6月「光明禅修センター」は創立された。
光明禅修センターはセルダ・ラルン・ガル・ゴンパ(色達喇栄五明佛学院)の ゾクチェン大成就者、ポワ・ラマこと、金剛ラマ・ガロン・ダンジュ・リンポチェによって設立されました。ゴンパ副院長のダンザン・リンポチェ、ロンド・リンポチェ及びケンポの方々が指導に当たります。実際に修行することに重点を置いた道場で、主な修行内容はチベット仏教ニンマ派のゾクチェンと、セルダ・ラ ルン・ガル・ゴンパで伝えられてきた伝統的カリキュラムです。
その目的は、日本において仏教を信じる人々がチベット仏教を学び、お互いに交流するための『実修道場』を提供すること、そして未だ日本に伝わっていないチベット仏教の教えが日本に伝承され、その教えを展開することである。東チベット・セルタ県ラロンにある世界最大のニンマ派の仏教学院である「色達喇栄五明佛学院」の大勢の上師の方々から以下のように祝福を頂いた。

http://www.wssdl.org

 

"Dreams&Hopes"Art Project, 2008

 投稿者:taroメール  投稿日:2007年12月25日(火)17時03分3秒
  プロジェクト名:Dreams&Hopes Art Project, 2008
場所:大阪府寝屋川市立神田小学校
期間:2008年1月8日より3月末
内容:神田小学校の校舎内をニューヨークの子供たちの夢と希望で溢れさせるアートプロジェクト。
(*主に、教室前や廊下などの壁に子供たちの絵画や写真を展示します。)

/****************/
展示内容と後援団体
/****************/
(1)「夢と希望」の絵画(グローバルワーミングを学び・リサイクルの紙を使用)
 後援:チルドレン・アートカーニバル・ハーレム(ニューヨーク現代美術館MOMAプロジェクトより)

(2)「夢と希望」のチベタン・ニューヨーカーの絵画や詩
チベット民族の写真(グローバルワーミングを学び・リサイクルの紙を使用)
 後援:チベット人学校ニューヨーク・ニュージャージー

(3)「ME」プロジェクトNY
 後援:ジャルダン・ギャラリー(Jardin Galerie)、フランス系アメリカ私立幼稚園(Le Jardin A L'Ouest)

(4)カルフォルニア州日本人収容所トパズ美術学校の日本伝統墨絵
 展示内容:戦時中の日本人収容所内で、日本人の心を癒し、夢や希望を与えたトパズアート学校・墨絵作品。
 小圃千浦(カルフォルニア大学バークレー校名誉教授、トパズ美術学校校長、日本美術院会員)。
 山本紅浦(コロンビア大学講義、ニューヨーク大学特別講義、イサム・ノグチ、マザー・テレサ、三島由紀夫、NYワールドトレードセンター・チゾリ所長、在ニューヨーク日本国領事館中川大使夫妻など、写真や墨絵)。
 後援:紅浦墨絵学校ニューヨーク

(5)子供の絵本”砂漠に咲いた花”展示
 内容:NY国連本部にあるジェーン・アダムス平和委員会2007年ジェーンアダムスブック受賞作品。
 後援:カルフォルニア州の子供絵本会社 Children's Book Pressと作家エミー・リー・タイ(ハーバード大学・ハーバード大学大学院)

後援団体のリンク:
1.チルドレン・アートカーニバル(ニューヨーク近代美術館MOMAプロジェクトより)
http://www.childrensartcarnival.org/

2.チベット人学校ニューヨーク・ニュージャージー
http://www.tcnynj.org/

3.アメリカ合衆国ニューヨーク州NPO法人ジャルダンギャラリー
http://www.jardingalerie.org/
http://www.lejardinalouest.com/
説明:ダコタ・ハウスに住む子供たちも通うフランス系アメリカ人の私立アート幼稚園
   ニューヨーク・アッパーウェストサイド

4.紅浦墨絵スクール(日本伝統墨絵・山本紅浦先生)
http://www.koho-schoolofsumi-e.com/
説明:ニューヨーク・グリーンウィッチビレッジの
芸術家のアートを無料で日本で見ることは難しいです。また、世界一流の人々が賞賛するアートに出会えます。

5.子供の絵本”砂漠に咲いた花”作家:Amy Lee Tai
2007年度ジェーンアダムス平和ブック賞受賞作品
http://home.igc.org/~japa/
 

bKra shis zla ba氏あての返信2通

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月16日(土)09時02分46秒
  bKra shis zla ba氏ご本人がごらんになったようなので削除します。
ご自分の主張は、ご自分のWebサイト、ご自分の掲示板を設置して、
思う存分行われることを強くおすすめいたします。
 

レンタル掲示板
/3