teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 「いきもの」ってどういうものですかを語るスレ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


さむい

 投稿者:みみず  投稿日:2010年 1月15日(金)18時55分8秒
返信・引用
  今朝は最低気温が-3℃を示していました。
最高最低気温計、今日は日中の最高でも0℃、最低でも0℃と右も左もおんなじ。
今週の寒波は記録的なものでしたが、来週の21日ごろには3月下旬ごろの14度ほどになるのだとか・・。
 
 

Re: スレッドもできます

 投稿者:みみずメール  投稿日:2009年11月21日(土)19時12分37秒
返信・引用
  > No.17[元記事へ]

> 小学4年生の問題です。世界共通の国際的理科問題だよ。

理科は暗記ではダメなんだよ。
次の雲と鳥とを例にして、「生き物」を説明してください。
答えは雲ならこうこうだから生き物じゃあないし、鳥はチュんチュんと鳴くから鳴くことができる鳥さんは「生き物」だと言えます。

答え合わせ:
まちがってるよ。なぜだかわかるかな。もう一度、考えてください。

http://www.geocities.jp/mimizutyan2/

 

投稿が変更になりました

 投稿者:みみずメール  投稿日:2009年11月21日(土)19時00分29秒
返信・引用
 

^o^`へ´´_`´_`×o× ̄へ ̄´▽`^o^;'_';`ε´ ̄_ ̄v▽vσ^┰゜^v ゜^▽^

こういうのができるようになりました。

小学4年生の問題です。世界共通の国際的理科問題だよ。

では問題文をよんで答えてください。
空の雲が流れています。鳥がないています。
生き物とそうでないものとの違いは何ですか。

http://www.geocities.jp/mimizutyan2/

 

サイテス、その2

 投稿者:みみずメール  投稿日:2009年10月 9日(金)19時03分11秒
返信・引用
  続きです。
附属書IIIは、各条約締約国が、世界的には絶滅のおそれが小さいがその国内では保護を必要とする場合、他の締約国に商業目的のための国際取引の禁止について協力を求めるものです。この附属書IIIに掲げられた場合、輸出国の輸出許可書又は原産地証明書(附属書IIIの協力を求めた国以外である証明)等が必要となっています。
上記の動物について、特に附属書Iに属し、繁殖や研究目的で輸出入の許可を得たゴリラやチンパンジーといった類人猿のテレビ番組(多くは動物バラエティ番組)への出演について、飼育者である動物園が商業目的の疑いをかけられて問題になるケースが多いようです。
さて、大変珍しいナンヨウスギ科アローカリア属のアンガステフォリアハイブリッド種子などがネットオークションで出てきます。これはワシントン条約で絶滅危惧種とされる種に該当するものですね。上記解説でⅠからⅢのどれに分類されるでしょうか。

http://www.geocities.jp/mimizutyan2/

 

CITES(サイテス)について考えよう

 投稿者:みみずメール  投稿日:2009年10月 9日(金)18時53分7秒
返信・引用
  絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約とは、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約です。
条約が採択された都市の名称をとって、ワシントン条約(英:Washington Convention)、または英文表記の頭文字をとってCITES(サイテス)とも呼ばれます。
絶滅のおそれのある動植物の野生種を、希少性に応じて3ランクに分類、これらを条約の附属書I、IIおよびIIIに分けてリストアップし、合計約30,000種の動物を国際的な取引制限の対象としているわけです。附属書Iには、絶滅のおそれのある種で取引により影響を受ける種が掲げられています。そのため附属書Iに掲げられた種の商業目的のための国際取引が全面的に禁止されます。ただし学術研究目的(主として動物園や大学などでの展示、研究、繁殖)のための取引は可能(輸出許可書・輸入許可書が必要)です。(約900種。)
附属書IIには、必ずしも絶滅のおそれのある種ではないが、その種の存続を脅かすような利用を制限するために掲げられます。そのため附属書IIに掲げられた種の商取引の際には、輸出国の輸出許可書(その取引が種の存続を脅かすものではなく、また、その個体が適法に捕獲されたものであることを認めるもの)が必要となるのです。

http://www.geocities.jp/mimizutyan2/

 

サザンカの挿木について

 投稿者:つばき  投稿日:2009年 7月11日(土)00時02分33秒
返信・引用
  こんばんは。

山茶花の挿木、今頃が最適期です。
椿や山茶花は夏挿しが一番いいと言われています。
もちろん、6月に挿しても着くのではないかと思います。

去年、椿の剪定枝(前年枝 長さ15cm 穂木径4㎜ 葉2枚(カットなし))が着きました。
これは6月に挿したものです。
積極的に繁殖しようとしたものではなく、「特別な保護(密閉挿しなど)をせずに、どのくらいの大きさの穂木まで着く」のか試しに行ったものでした。
用土は赤玉土中粒。
鉢は3号のプラ鉢。
みみずさんのように特別な技は使わず、水揚げもせずに、ただ切った枝をプスリと。
あとは半日陰で慣らした後、特に気を使わずに管理しました。

指の太さくらいの穂木でも、湿度を上手く管理すれば着くようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/tsubaki_bonsai

 

挿し木の芽

 投稿者:みみず  投稿日:2009年 6月23日(火)22時02分11秒
返信・引用
  サザンカの挿し木を6月に入ってから実施しました。
挿し木の方法は別項「今月の作業など」のページに掲載しております。
発根が容易なウツギは一ヶ月ほどで穂木をつまんで持ち上げてもポットが一緒になってぶら下がってきます。これは根が多数に出ていて、しかも用土にしっかりと食い込んでいるからでした。
ところが同様の方法でサザンカもやってみましたが、こちらはアウト。
秋まで気長に養生してやろうと思っています。(笑)

http://book.geocities.jp/mimizutyan246/

 

繁殖について

 投稿者:つばき  投稿日:2009年 2月18日(水)23時13分42秒
返信・引用
  こんばんは。

ご存知のこととは思いますが、椿類の繁殖方法を思いつくだけ書いてみます。

1.挿木
一度に沢山の苗木を作ることができます。
花を見るのに3年ほどかかるようです。

2.取り木
ご存知の通り、取り木に失敗しても穂木、親木ともに枯らすリスクが少なく、大きな苗を得ることができます。

3.接木
椿の場合、接木は難しいと言われているようですが、これは接ぐ技術のことではなく、後の管理のほうを指しています。
常緑樹ですので、活着するまでの管理に、ほかの樹種よりも気を使うようです。
私はやったことがないのですが、接木の苗は挿木の苗の3倍(1年で挿木苗の3年分の成長をするということ)の成長をするそうです。
ということは、接いだ翌年に花を見ることができるのかな?分かりません。(^^;
台木に斑入りのウイルスがいると、花にも白斑が入ることがありますので、注意が必要です。

4.実生
椿類は自家受粉しない(正確にはかなりしにくい)ので、実生変異を生じ、親木とは違った性質になるのが普通ですので、新花作りには良いかもしれませんが、種の保存ということでは上記1~3の方法が良いようです。

あと、みみずさんが書かれておられた、「3.家族にも充分な説明をしておく。」は、大事ですねぇ。

「もしかしたら、品種登録されて一儲けできるかもしれない」ぐらい、言っておかれたほうが良いかもしれませんね。v(^^
これは、冗談ではなく、現在品種登録されているものにも、もともと地方の農家や民家の栽培種であったものがかなりあります。
原木の所有者本人は「見慣れた花」でも、専門家からすれば、「おおっ!これは!」なんてことになるんでしょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/tsubaki_bonsai

 

Re: Re:夜叉について

 投稿者:みみず  投稿日:2009年 2月18日(水)07時59分3秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

つばきさん

> 椿、山茶花の品種名で「夜叉」を探してみましたが、同じ名前はないようですよ。

そうですか。それでは命名の候補、筆頭頭にそのまま置いておきます。
やることはただただこのサザンカの分身を増やすこと。
そのためには
1.庭の親木は絶対に枯らさないように注意する。
2.最適な挿し木の時期に穂木を採種できるようになるまで剪定しない。
3.家族にも充分な説明をしておく。
4.寄り添って大きく成長している別のサザンカは外すか検討。
5.できれば種子繁殖法も視野に入れる。
など

などがよくわからないんだけど・・
ま、枯らさないことにつきるってことで
 

Re:夜叉について

 投稿者:つばき  投稿日:2009年 2月17日(火)23時00分44秒
返信・引用
  こんばんは。

椿、山茶花の品種名で「夜叉」を探してみましたが、同じ名前はないようですよ。

http://blogs.yahoo.co.jp/tsubaki_bonsai

 

レンタル掲示板
/2