teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:69/1401 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 移植について教えてください

 投稿者:ちーち  投稿日:2017年 9月 2日(土)17時36分8秒
  通報 返信・引用
  > No.1341[元記事へ]

杏仁さんへのお返事です。

はじめましてちーちです。
娘がCAEBVになり今年の2月に移植をしたところです。
毎日とても心配な気持ちでお過ごしのことと思います。
娘の移植を経験し、お答えできればと思います。

> ここで後から疑問に思ったんですが失敗とはどういうことが考えられるんでしょうか?
> 生着不全?感染症?gvhdによる死亡?
上記に加えて、再発も稀ながらあると聞きました。
移植のために免疫能をかなり下げているため感染症は生命の危険に関わる事態になることもあると説明を受けました。

> こちらで移植成功された皆様は、移植の際どのようなリスクがあると説明されましたか?
死亡のリスクがあることは説明されました。
その他はGVHDのために肺に障害が残り、もしくは慢性期に出現し在宅酸素療法を受ける可能性や筋肉についている腱が拘縮し車いす生活になる危険性、腎障害が残れば透析となる可能性など。
比較的小さいものでは慢性期にドライアイになったり、皮膚が乾燥したり、下痢が続いたりなど。
拒絶反応はどの部位に出てもおかしくないのでどんな症状が出てもおかしくないとお聞きしています。

> あと、この病気の完治は何を持って完治とされるのか教えてください。
> 移植が成功してウイルスが0になって完治ですか?
> それとも基準値以下で完治ですか?
> 基準値以下の場合はT細胞に感染していないことを確認しての完治なのでしょう?
ウイルスがゼロになれば完治と言えると思います。
私が存じ上げている範囲では移植後、基準値以下だけど検出されたという人を知らないので「検出されたけど基準値以下」が根治となるのかは分かりません。
移植後、キメリズムといってドナーの細胞にどれだけ変わったかを調べました。
ドナー細胞に変わっていれば正常な血液細胞になっていると考えられるからです。
逆に言えば再発が疑われる時にはまずはキメリズムを調べると言われています。
EBウイルス量が検出域以下で、キメリズムで血液細胞がドナー細胞に置き換わっていることをもってCAEBVの治療は終了。という感想を抱きました。
それから辛いGVHDの治療は続きましたが…
ウイルス量に関して言えば、移植後EBウイルスに感染することはあり得るのでその時はウイルス量は増加すると聞いています。

娘は移植後半年が経ちました。
元気にしています。
杏仁さんのご主人もどうぞ無事に退院されますように。
 
 
》記事一覧表示

新着順:69/1401 《前のページ | 次のページ》
/1401