teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/436 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ぴたさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月23日(月)19時53分31秒
  通報 返信・引用
  ご相談内容拝見しました。ぴたさんのようなお悩みをお持ちの女性はきっと多いような気がします。なぜ恋愛が長続きしないのか、すでにぴたさん自身が気づいているのではないでしょうか。

私は心理の専門家ではありませんので、あくまで私個人の主観的な意見として受け止めて頂ければと思います。

ぴたさんのお話の中に「幼い頃はあまりいい家庭環境ではなかった為、愛されたいという気持ちが過度に強い・・・」とありましたが、幼少期の頃から親に健全な愛情を注がれなかった、または極端に過保護で育った、というような経験をされている人が大人になってから異性との恋愛が上手くいかない、という傾向があるそうです。

「愛されるためにはいい子を演じなければならない」「いつも顔色を伺って本音で言いたいことが言えない」「愛されることに不慣れなため、いつか離れていってしまうのではと疑心暗鬼になって信じられない」「過度に彼を束縛して重い、うざいと思われてしまう」

「いい子ちゃんになれないのがいけないのか…」とありましたが、私は逆だと思います。いい子ちゃんでいるうちは彼との関係性は深まらないと思うのです。

男女の恋愛はお互いに対等であり、本音で言いたいこと感じたことを言えれる関係なのではないですか? 相手の顔色ばかり伺っていいなりになっているうちは愛情も信頼関係も築けないと思います。

育った家庭環境はぴたさんのせいではないし、それをコンプレックスに思う必要はないのですから、この現実をまずぴたさん自身が受け入れて堂々と交際している彼にも普通のことのようにお話できることが大切なのではないですか?

もちろん、相手の男性が信頼できる人だと確信が持てるような方であればという前提ですが。なぜならば、彼にとっては現在のぴたさんを好きだと思うから交際にまで発展したわけですよね。

ぴたさんの全てを受け入れてもらいたいのであれば、逆に彼のこともすべて受け入れてあげることが大切です。人間は完璧な人などいないわけですから、彼には彼なりのコンプレックスがあるかもしれません。

そうやってお互いにありのままの自分でいられるから居心地のよい関係が築けるのだと思います。

自分が傷つくことを過度に恐れすぎている、人は傷つき失敗することで学んで成長していくのだと思いますよ。

ぴたさんの今後の恋愛が上手くいくための何かのヒントになれば嬉しいです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/436 《前のページ | 次のページ》
/436