teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:112/1479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お返事ありがとうございました

 投稿者:とりまま  投稿日:2017年11月16日(木)14時23分25秒
  通報 返信・引用
  こんにちは、ちーちさんクマパパさんお返事ありがとうございました。

ちーちさんの娘さん小4で移植されクマパパさんの息子さんもその年齢で発病され頑張られたんですね、でもちゃんと学校に通ってらっしゃるとお聞きして勇気をもらいました。娘さんや息子さんの状態に一喜一憂されたお気持ちは本当に良くわかります。
それと治療してくださる先生との信頼関係が一番なんですね。

先日産婦人科の先生と面談し、大学病院の先生へ受診し両方の先生が話をして色々な対策や連携を取ってくださり、状態が安定しているので、卵子凍結保存に臨むことを悩みましたが抗がん剤の影響で卵巣年齢が40代くらいに下がっていたので早急にするなら取りかからないとという事で娘が、「だめだったら諦められる。何もしなっかたらしておけば良かったと後悔する。」と、する方向で決意しました。保険適応外なので莫大なお金がかかりますが、今は「コウノトリマリーン基金」と言う機関もあり補助が出そうなので、その日から排卵誘発剤の注射を打ち、毎日10日ほど行い、排卵前に増えた良い状態の卵子を採取するという計画です。ちゃんとした元気な卵子が採取できるか個数も少ないかもと言われましたが、採取したらそのまま大学病院へ入院し治療に全力投球です。鹿児島大学の先生もセカンドオピニオンを勧めており見解を聞きたい様子でしたし、大阪へも連絡してくださったので大阪の母子医療センターに申請を出しました。

私の職場の社会福祉法人は東京が本部で、その鹿児島支部で働いているので、東京に転勤し東京の病院で治療をと考えましたが、母子医療センターは空港から1時間で格安で行けるので一度先生の見解を聞きに行こうと思っています。大学病院の先生も「フォローはします」と言ってくださるので思い切れました。九州大学病院も視野に入れています。ただ娘を連れて行くとなると職場を長い期間欠勤しなければならないことが気がかりですが、今はそんな事言っておられないので、皆さんに協力をお願いしながら一つ一つ前進していきます。

本当にこのサイトの皆さんにも励まされ勇気をいっぱい貰ってます。これから戦闘態勢を整えてEBウィルスと闘います。

ひとつお尋ねしますが骨髄移植と臍帯血移植はどのような流れで別れるのでしょうか。骨髄提供者がいなければ臍帯血移植になるのか病状によって分かれるのか。移植したらやはり数か月から
一年とか入院になるのでしょうか?これも人様々なのではっきりとは言えないですよね。

長々とすみません。ありがとうございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:112/1479 《前のページ | 次のページ》
/1479