teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:91/1479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

決断

 投稿者:とりまま  投稿日:2017年12月 8日(金)13時11分22秒
  通報 返信・引用
  > No.1433[元記事へ]

ちーちさんへお返事です。

> 感染細胞の同定やモノクローナリティなどはお調べになったのでしょうか。
> 我が家の治療選択の決め手は上記2つの結果でした。
はいそれなんですが感染細胞はT細胞らしいです。モノクローナリティは医者の口からはきいていません。症状が血球貪食の反復例なのかCAEBVなのか判断が難しいと言うのでウィルス量を調べてそれで判断できないのかと質問したところ生死を彷徨ってた頃の悪い状態の時しか調べられないとの返答でした。
移植前ウィルス量を調べてと書いておられましたが、それとは違うのでしょうか?病院で違うのか疑問でした。

臍帯血が良いのが見つかったから来週から抗がん剤の投与を始めて、来月移植をしようかと言われていたのですが、娘と先生と3人での話では、やはりここでは経験がないから自信がないとはっきり言われました。
娘と大阪に治療&移植をお願いしようかとの気持ちが8割あります。ちーちさんの娘さんも抗がん剤を地元で2クール行い転院したんでしたよね。抗がん剤は血球も下がり免疫全てが低くなると思うのですが、現実的に可能なんでしょうか?移動中何かあったらと心配になると思うのですが、それと入院となると私も仕事があり一緒に大阪にいてあげることが出来ません。娘も19歳と大きいので寂しい思いをさせますが、週に1回飛行機で大阪に通おうかとも思ってます。保護者さんは入院の間皆さんどこに泊まってらっしゃたのか、身の回りのことをしてくださる方が誰か依頼すればいらっしゃるのか?お聞きしたいです。今週中には返事をしなければならずに一日中頭から離れません。

> 抗がん剤の副作用できつかったりもするかもしれませんが、それぞれの症状を和らげてくれるお薬もあるので遠慮せずに看護師さんに相談されるといいと思います。
> 私はなかなか言い出せなくて娘に悪かったなぁと今になって思います。
> 抗がん剤が始まると食べれなくなるものも多いので娘は入院前に刺身をよく食べていました。
ありがとうございます。そうします。

今決断の時、移植をしなくて済むならそう願いたいが、しないとしないで再燃が心配。したらしたでGVHDが心配。不安が無い時がないですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:91/1479 《前のページ | 次のページ》
/1479