teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:64/1479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

杏仁さんへ。

 投稿者:しましま  投稿日:2017年12月24日(日)15時18分56秒
  通報 返信・引用
  GVHDは、術後に発疹や発熱がありました。
投薬も長かったので腎臓への影響があるかと予想されていましたが、軽くすんだといえると思います。
経過については、移植が4月として、地元の病院に転院したのが8月。
その病院を退院できたのが12月でしたが、長い入院生活(二年近く寝たきり)だったために体力の低下も激しく、骨髄移植後は免疫が弱く肺炎などで入院することもありました。
今もこのタイミングでウィルス性胃腸炎にかかり、入院しています。
ですので、家族の中で一人前の戦力になれるにはまだ先だなと感じますし、ましてやお子様がいらっしゃるご家庭で配偶者を支え家計も担うことのご負担は、杏仁さんが感じていらっしゃる以上に大変なものであると思います、頭が下がります。
家族のサポートは勿論治療のモチベーションになりますが、家族がまいってしまうことが一番の負担でもあります。
でも、家族だってスーパーマンじゃないので、毎日にこにこも出来ないですよね。
入院ができたり、治療中であれば程度な距離感が保てたり、患者としても人への執着が看護師さんや先生に向けて分散され(看護師さんは大変でしょうが笑)少し休まる時もあるのでしょうか。
ご家族自身が休まれ、私は十分なことをしているという気持ちをなくさないでいられる環境に出来たら良いですよね。
患者も頑張っていますが、患者の出来ないことをカバーして更に頑張っているのがご家族です。
移植方法も、これをするとキメリズムになりやすい…などの記載を見ると不安になられるのも当然なんですが、あくまで治療の方針だった訳ですし、運もありますから、杏仁さんが苦しまれているのは大変悲しいことだと感じます。
交流会でも、ご家族の立場で苦しまれた方が沢山いらっしゃり、きっとそのかたたちも、杏仁さんの書き込みを見て心配されたり、応援してくださっていると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:64/1479 《前のページ | 次のページ》
/1479