teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:110/1684 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 化学療法後のEBV量について

 投稿者:もなか  投稿日:2018年12月11日(火)23時19分47秒
  通報 返信・引用
  > No.1628[元記事へ]

ちーちさんへのお返事です。

ちーちさん、ぽぽたさん、またこの掲示板で応援してくださる方々、本当にありがとうございます。
ちーちさん、ぽぽたさんのご返答で、頭の悪い私でもなんとか化学治療の意味を消化することができそうです。これで息子が受けているつらい治療に意味があることが理解できましたので、また治療に専念していけそうです。本当にありがとうございます。

主治医の先生は、非常にまじめな方で、慎重に言葉を選んで丁寧に説明をしてくれておりますが、この病気に対してわからないことが多いためあえて細かい説明をしていないのではないかと思っております。
または、私の理解力が悪く、先生がいわんとすることをくみ取れていないのでは?と思っております。
先生がたも、昼夜、休日も問わず(もちろんお休みになっているとは思いますが)、全力で息子の治療を考えてくださり、また、本当に丁寧に接してくれており信頼に足りうる先生方だと思っております。
もっと先生の言わんとすることを消化できるよう、勉強、コミュニケーションをとっていきたいと思います。

この掲示板のみなさんは、本当にすごいです。わからないことが多いこの病気について、しっかりみなさんなりに消化し理解されております。頭が下がる思いです。

まだまだ本番の前処置+移植は先になりそうです。
息子は骨髄バンクからの予定なのですが、ドナー様がまだ決まっていないことと、もし決まったとしても、マッチ率がフルマッチではありません。
GVHDが非常に怖いのですが、ひとつひとつ発生する問題に対して向き合う気持ちが大切なんだろうなぁ、と今から心の準備をすこしづつしているところです。

思い起こせば、この夏にいったいどういう病気なんだろう?と病院の先生からいくつも怖い病名を出されて私たち夫婦は精神的に参ってしまっていました。最悪、骨髄移植が必要な病気なのでは・・・?と大変恐れ、悲観しおかしくなりそうでした。しかし現実はどんどん進行し、結果的に一番恐れていた移植が必要であるということを受け入れざるを得なくなり、あれよあれよというまに化学治療が開始になり、2クール目になり年末になり・・・。きっと非常に恐れている移植が時間とともに来てしまい、いつのまにか振り返ると移植が終わり、GVHDの対応をしており・・・ということになるんだろうなぁ、と自分の中の第三者的な自分が自分を見つめております。
私もはやくみなさんと同じように「〇〇年前に移植を終わらせたもなかです」というようになっていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:110/1684 《前のページ | 次のページ》
/1684