teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:64/1707 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 現場の声より

 投稿者:ぽぽた  投稿日:2019年 4月 2日(火)10時26分28秒
  通報 返信・引用
  ベイ33さんへのお返事です。
はじめまして、息子が6年前に臍帯血移植しました。移植後血球貪食も経験しています。

お子さん抗がん剤頑張っていらっしゃるんですね…今が一番しんどい時だと思います。
主治医の先生の異動は致し方ないのと一歩譲っても、治験等の対応はどうなのでしょう?薬剤師からのお達しというのも、処方は医師または看護師が必要に応じて処方してくださると思うのですが…
なぜ治験だと解熱剤や鎮痛剤が処方されないのでしょうか?その辺の確認が必要ではないでしょうか?毎日検温や血圧は、同時刻で日に何回か退院まで続きました。それは、当たり前の事と思います。その事で、子どもの調子の変化にも気がつけたので…
鎮痛剤は、うちは必要なものでした。寝つきが悪く大変な時には軽いもの、それでも効かない時はもう少し強いものと看護師さんと相談しながら点滴で入れてました。もしかしたら、麻薬のようなお薬だったのかもしれませんが…

とは別に、やはり必要な時に必要かどうか、禁止ありきのやり方はいかがなものなのでしょうか?そこは新しい主治医を含めて相談されて良いと思います。

子どもの治療の時に、主治医に、抗がん剤は子どもだから耐えられている。大人なら本当に辛くて止めたくなると思うくらいだよ。と言われた事があります。なので、痛みなど、少しでも緩和してあげられるなら、使える環境を整えてあげて欲しいと感じます。お薬の上にお薬を重ねていくのが、良いとは感じませんが…必要量であれば、力を貸してもらって欲しいと感じます。

不安な治療の中、さらに不安になっていると思います。今一度主治医とお話をしてみることが大切だと感じます。

> 3月末の移植前処置直前になり、これまで主治医であった先生が異動する話しを別件の文書変更の説明で来た臨床治験の関係者から伺い混乱を招きました。(私も迷いましたが...と先生の個人的な出世事情の話しを前置きした上で医療に問題は無いようにすると説明を受けましたが、この時点で現場スタッフは誰一人異動の事を知らず...)
>
> 移植前処置中で抗がん剤の投与が始まっておりますが、今日になって臨床治験の追加で連続体温の観察を行うので期間中は解熱剤や鎮痛剤の服用を中止する話しを異動した元主治医を通じて薬剤師さんからご達しを受けること。(前例がないみたいですね...)
> 「臨床治験の為にそこまでしないといけないのか」と偶然同席した母を悲しませてしまい、そんな話しを全く聞いていない現場のスタッフも事実確認をすると混乱しています。
>
> 私の家族や友人達は一生懸命になって応援してくれています。
> 応援してくれている方の前でこのような出来事が起きている事を話すことはできません。
> しかし、まだ続く治療を前にここで吐き出させていただきます。
>
>
>
 
 
》記事一覧表示

新着順:64/1707 《前のページ | 次のページ》
/1707